皮膚科のフォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルは皮膚科でも利用できます。フォトフェイシャルでは、顔の赤みを減らしたり、シミを消す効果があるという光を照射します。フォトフェイシャルの施術をしている場所は、皮膚科の他にエステなどでも行われています。フォトフェイシャルはエステと皮膚科のどっちがいいのかは考え方によります。皮膚科のいいところは、施術後に何かあっても対応可能な点です。もしも、フォトフェイシャルを受けた後に肌トラブルが起きてしまったという場合は、皮膚科なら設備も整っておりすぐに対処してもらえるという利点があります。もう少し皮膚科で施術されるフォトフェイシャルについて説明しましょう。専用の機器でつくる、IPLという光がフォトフェイシャルでは使われます。レーザーの治療より、顔の全域に光を当てられることがフォトフェイシャルの強みです。刺激が少ないという特徴もあり、施術後すぐにメイクをすることも出来て、入院する必要もないので気軽に施術を受けられるのが特徴です。一度きりのフォトフェイシャルでは、期待したほどの効果は出ないといいます。何度か繰り返してフォトフェイシャルを受けることで、シミやソバカスが薄くなるなどの効果があります。施術後はすぐに日常生活に戻れるので人と会う機会の多い人や、他の人には知られずにきれいになりたいという人には皮膚科のフォトフェイシャルが大変おすすめです。ファイルは皮膚科でフォトフェイシャルを受ける人が多いのは、エステ等と比較すると、何かあった時に心強いからです。レーザーによるシミ治療は、皮膚科で行う医療行為です。このこともあって、フォトフェイシャルも皮膚科で処置してもらう方が安心です。医師などの専門知識がある人でなければ施術してはいけないようになっています。レーザーと比較すればフォトフェイシャルの出力は低いので、医師以外の人でもフォトフェイシャルは使えることになっています。そのため、エステでフォトフェイシャルを利用する場合は、医療の専門家以外の人がスタッフである場合もあります。フォトフェイシャルを受けたことで、肌の炎症を起こしたり、やけどを負うといったトラブルが全く無いわけではありません。顔はすげ替えがきかない大事な部位ですから、金銭的な面だけでなく、その施設の評判や満足度も大事です。フォトフェイシャルを受けたことが原因で、肌トラブルが起きてしまったなら、皮膚科で施術を受けていればそのまま治療をしてもらうことも可能になります。エステではフォトフェイシャルを受けない方が良いという訳ではありません。思わぬ肌トラブルが起きた場合でも、エスとのような皮膚科の専門家がいなければ、何をしていいかわかりません。エステは、病院のように薬を処方することは法律で規制されています。フォトフェイシャルの費用も気になる点ですが、口コミや体験談をしっかり確認して信頼のおける皮膚科を選んでいただきたいものです。 フォトフェイシャルを受けて想定外のことになっても、皮膚科ならば医者の治療をすぐに受けることができるでしょう。シミやそばかすをなくすために、フォトフェイシャルは利用されます。中には受けることができない、もしくはやめたほうが良い人ともいます。リスクが高く、フォトフェイシャルがおすすめできないという人は、妊娠している人、皮膚の病気がある人、糖尿病の人、日焼けで肌が黒くなっている人などです。フォトフェイシャルの作用がお腹の赤ちゃんの成長にどう関係するかは、未だに研究が進んでいないという点があります。ホルモンバランスが崩れることで、色素沈着を起こしやすい状態になるために、妊娠中の人は皮膚科でも禁止されています。フォトフェイシャルを皮膚科で受けても、日焼けで肌が濃くなっている人や、皮膚の疾患がある人は、光の影響が期待したほど出ないということが起こりえます。お肌の状態は、人により差があります。フォトフェイシャルによる肌の治療を受けたいと考えている人は、まずは最初に皮膚科に相談してみましょう。皮膚の微細な血管にフォトフェイシャルの光をあてることで、糖尿病の人は症状が悪化してしまう恐れがあるようです。フォトフェイシャルを希望しても、皮膚科ではできないこともあります。皮膚の状態が気になる人や持病がある人は皮膚科でフォトフェイシャルを受ける前に確認しておく事が大切です。

 
ファイルのDL
ファイルはこちらのページからダウンロードしてお使いください。